これいいなと思ったら「そのサイズは売れてしまいました」に思いを馳せる

たまたまいいなと手に取った服。違うサイズはあるかと聞くと、それは売れてしまったと。人気で他店舗の在庫もございません。大変申し訳ございませんな訳です。

さて、ここで思ったのが、

  • 機会損失が発生しとるやないか
  • 欲しかったのにサイテーと顧客満足度ダウン

アパレル業界よくわからないんですけど、百貨店に入ってる店舗とか。あれってその場の商品を買う必要ってあるんですかね?売れるかどうかわからん商品仕入れて、狭い店舗スペースに並べて。

それならいっそ店舗では実物見て合わせるためのサイズ・色を各セット置いて、欲しければその場で購入・持ち帰りではなく、お金はその場で払って、商品は物流センターから自宅に配送とかダメなんですかね。

購買履歴は取れるし、店舗での在庫スペースも減る気がするし、お客さんも売れてしまっていたら見れなかったデザインや色の服が見れるかもしれないし、それを購入したかったかもしれない。買ったら買ったで荷物持って帰らないといけない。店側も「お客様、こちらは如何でしょう」と売れ残りを無理やり薦めるより、よっぽど気持ちが乗るんじゃないかなーとか。

どれくらいの人が再入荷待ちかもわかるんじゃね?そうすりゃ追加発注もねぇ。

いや、書いててやっぱ無理かと思えてきたw

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください